あなたの街の動物病院をご紹介する総合サイト

手術がうまい動物病院.com

耳のお手入れ方法

外耳炎などの耳の病気予防や皮膚病予防のために、耳の手入れは大切です。特にゴールデン・レトリバー、ダックスフンドなどの垂れ耳の犬種は耳の通気性が悪く、汚れや分泌物がたまりやすくなるため、まめに耳のチェックをすることが必要です。
また、耳に悪臭を感じたり耳垢などの汚れがひどいとき、また耳を痒がったり、首を左右に振ったりしているときは、何らかの炎症を起こしている場合がありますので、動物病院で確認してもらうとよいでしょう。

○お手入れ方法

耳用の洗浄液をコットンなどに湿らせて、耳の内部を指が届く範囲内で掃除します。慣れてきたら、洗浄液を直接耳内に適量入れます。この状態で、耳の付け根あたりを外から軽く揉むと、内部の汚れが浮いてきますので、コットンでその汚れをふき取ります。洗浄液が耳の内部に残っていても首を振ることで溜まった洗浄液が耳から出ます。

○注意点

耳の周囲の毛をハサミで切ることは誤って皮膚を切ってしまう場合があり危険です。うぶ毛のような毛は手で抜けるので、見える範囲の毛を少しずつ指先で毛をつまんで抜きます。細い毛なので犬にはほとんど痛みは感じません。また、綿棒は汚れを耳の奥に押し込んでしまったり、耳の内部の皮膚を傷つけてしまう可能性があるため、あまりお勧めできません。

プードル、マルチーズ、シュナウザーなど顔の周りの毛が伸びる犬種は、耳の毛も伸びることが多いので、日頃からこまめに毛を抜き通気性を良くすることで清潔に保つことを心掛けましょう。

○タイミング

2週間~1か月に1回程度が目安に行います。ただし、耳の病気がある場合には、かかりつけの動物病院に確認しておきましょう。

今すぐ専門家を探す

おすすめの動物病院をPICK UP!!

おすすめの動物病院を「手術がうまい動物病院.com」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ