あなたの街の動物病院をご紹介する総合サイト

手術がうまい動物病院.com

シャンプー

シャンプー

室内で飼っている短毛品種であれば、ブラッシングさえすればシャンプーは不要です。長毛品種の場合はブラッシングだけでは汚れが取りきれないことも多いので、月に1回程度がシャンプーの目安です。ただし、衛生上汚れや臭いが気になる場合は、シャンプーをした方が良いでしょう。

○手順

①ブラッシング

全身の毛のもつれをブラッシングでほぐし、毛並みを整えます。長毛などで毛玉ができやすい場合には、指で少しずつほどいてあげることがポイントです。

②シャンプー

毛だけでなく、皮膚まで濡らします。お湯の温度の目安は少しぬるいと感じる35~38度くらいが適温です。顔が濡れることを嫌がる場合が多いため、まずは、お尻や後肢など、顔から遠い順に徐々に顔に近づけていきます。シャワーを嫌がる場合は、洗面器などに貯めたお湯をゆっくりとかけてあげたり、タオルやスポンジなどを利用すると良いでしょう。十分に体が濡れたら、専用のシャンプーで顔から遠い順に洗います。強くこすってしまったり、爪を立てると皮膚を傷めるので気をつけましょう。

③すすぎ

シャンプー剤が残らないようにしっかりとすすぎます。すすぎの時は、シャンプーとは逆に、顔から順番に流します。シャンプー剤が残っていると、皮膚のトラブルを起こすおそれがありますので、内股・ワキの下・指の間・肉球の溝なども見えにくい場所も丁寧に洗い流します。

④リンス

シャンプーの後は、リンスをしてあげると、静電気防止やアルカリ性になった皮膚を弱酸性に戻す効果があります。マッサージをかねて体全体に行きわたらせます。終わったら、シャンプーと同じ手順で丁寧に洗い流します。

⑤タオルで拭き取り

びしょ濡れの状態で拭く前に、ブルブルと身震いをさせて水分を飛ばしてから、行うと拭き取りが楽になります。

⑥ドライヤーで乾燥

タオルで拭き取ったら、ドライヤーを使ってしっかり乾かします。ドライヤーは低温にし、約30cm程度離して、毛をかき分け根元に風をあてます。風で毛についた水分を飛ばすイメージで行います。ドライヤーの風を怖がる場合は、最初は弱風で慣れさせると良いでしょう。ブラシで毛をとかしながら、タオルで拭きながらドライヤーをかけると、乾きがさらに早くなります。

※注意点

・生後3か月以内の子猫や、妊娠中だったり体調を崩したりしている場合は、シャンプーは控えてください。
・ワクチン接種の直前には、シャンプーはやめておきましょう。1週間ほど前には済ませて体調を整えておきます。
・皮膚のpH(ペーハー)が人間と違うので、専用のシャンプーを使います。
・シャンプーが目に入ってしまった場合には、焦らずにシャワーで優しく洗い流します。必要に応じて、かかりつけ動物病院の診察を受けましょう。
・目ヤニが固まっている場合には、皮膚を傷付けないように濡らしてふやけたところで、柔らかいガーゼやコットンで優しく拭き取ります。
・シャンプーをした後、半乾きの状態で放置すると、蒸れて皮膚や被毛で細菌が増え、皮膚病などの原因になるので十分に乾かしてあげましょう。
・動物病院で指定のシャンプー剤を処方された場合などは、病院での指示に従いましょう。シャンプーは、想像以上に犬にとっては体力を消耗し、緊張してストレスになるものなので、シャンプー後はゆっくりと休ませます。
・汚れや臭いを気にするあまりシャンプーをしすぎると、毛並みが乱れたり、皮膚が乾燥し皮膚病を引き起こす原因となる場合があります。そのため、シャンプーの回数は間隔を調整することが必要です。汚れや臭いが気になる場合はタオルなどで拭きとる程度でも良いでしょう。

今すぐ専門家を探す

おすすめの動物病院をPICK UP!!

おすすめの動物病院を「手術がうまい動物病院.com」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ