あなたの街の動物病院をご紹介する総合サイト

手術がうまい動物病院.com

耳のお手入れ方法

外耳が直立しているため分泌物など水分が蒸発しやすく、犬ほど頻繁に感染症は起こりません。汚れが目に付くようになった際に、外から見える範囲を掃除しましょう。 特に汚れの目立たない場合は、耳のお手入れは必要ありません。ただ黒っぽい耳垢やねっとりとした耳垢が出ている場合や、スコティッシュフォールドなど耳が折れている品種はで耳の通気性があまり良くない場合は、耳のチェックをこまめにしてあげましょう。

○お手入れ方法

耳用の洗浄液をコットンなどに湿らせて、耳の内部を指が届く範囲内で掃除します。耳のお手入れに慣れてきたら、洗浄液を直接耳内に適量入れます。この状態で、耳の付け根あたりを外から軽く揉むと、内部の汚れが浮いてきますので、コットンでその汚れをふき取ります。洗浄液が耳の内部に残っていても首を振り、溜まった洗浄液は耳から出されます。

○注意点

綿棒は汚れを耳の奥に押し込んでしまったり、耳の内部の皮膚を傷つけてしまう可能性があるため、あまりお勧めできません。耳垢が黒かったり、においがひどかったり、頻繁に掻いたり、頭を左右に振る様子が見られたら、何らかの炎症を起こしている場合があるため、早めに動物病院に診てもらいましょう。

今すぐ専門家を探す

おすすめの動物病院をPICK UP!!

おすすめの動物病院を「手術がうまい動物病院.com」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ